2012年06月26日

北海道木古内の観光駅長ゆるキャラ「キーコ」が新幹線PR


北海道木古内町の地元産の牛をモチーフにしたゆるキャラで、JR北海道木古内駅の観光駅長を務めるキーコが25日、同駅前でお披露目され「早く新幹線を走らせるために頑張る」と宣言した。

 木古内駅は、北海道新幹線(新函館―新青森)の2015年度開業で北海道の玄関駅となる。

 キーコは、赤毛の「はこだて和牛」がモチーフ。紺のオーバーオール姿で、チャームポイントの目は津軽海峡の青色だ。

 新幹線開業に向けて地元観光をPRするため、町がデザイナー山本寛斎さんの会社に依頼して新たに制作した。22日にはJR北海道から観光駅長に任命された。

 駅前商店街のカメラ店主渥美徹さん(60)は「新幹線と和牛をPRし、全国に木古内の名を広めてほしい」と期待した。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/06/25/kiji/K20120625003543050.html
************************************************************
今後注目が必要なゆるキャラになりそうですね。それにしても木古内駅が北海道の新幹線の玄関駅になるんですか。覚えておきます。


北海道ゆるキャラ
全国ゆるキャら情報
posted by orute at 10:51| 北海道ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小郡市の幻のゆるキャラに光 ブームに乗り再び出番

小郡市にも「ゆるキャラ」がいた−。20年ほど前に市に誕生しながら、ほとんど存在を知られていなかった2体のマスコットキャラクターが、最近の「ゆるキャラ」ブームに乗って、にわかに出番が増えている。

 名前は織姫(おりひめ)ちゃんと彦星(ひこぼし)君。小郡市に残る七夕伝説にちなんだキャラクターの着ぐるみだ。市によると、1995年か96年ごろ、年金保険料の納付を呼び掛けるために製作された。最初は市のイベントや広報誌に度々姿を現していたという。

 だが、組織改編で管理する部署が転々としたこともあり「次第に出番が減り、倉庫に眠ることが多くなった」(山内津智子総務課長)。毎年10月に開催されるイベントには登場しているが、市民の認知度は低かった。

 ところが、近年の「ゆるキャラ」ブームとともに、再登板を望む声が続出。今年3月には「小郡をアピールしやすい」と、企画課職員に連れられて福岡市・天神でPR活動。7月7日に七夕イベントを開く九州歴史資料館(小郡市)からも出演依頼が舞い込んだ。

 初めて目にした主婦の牟田美恵さん(70)=小郡市上西鯵坂=は「かわいい。出番を増やして小郡をPRして」とエールを送る。年に一度しか出番がなかった“幻のゆるキャラ”に突如、訪れた転機。「みんなに知ってもらえますように」との願いがかなう日も近い!?=2012/06/26付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/309604
************************************************************
眠っていたゆるキャラ復活ということですね。織姫ちゃんと彦星君は眠らせておくにはもったいないキャラクターだからでしょう。


福岡県ゆるキャラ
全国ゆるキャら情報
posted by orute at 10:46| 福岡県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

柳ケ瀬123周年で全国のゆるキャラ集合 30日と7月1日

7月1日、岐阜市の繁華街・柳ケ瀬は誕生123周年を迎える。これに合わせ今月30日と1日の2日間、記念イベント「全国ゆるキャラ大集合」(岐阜市主催)が柳ケ瀬商店街一帯で開かれる。

 全国47都道府県から1体ずつ参加する。「ひこにゃん」や「くまモン」「にしこくん」など、有名なゆるキャラたちも登場する予定。

 ほかに音楽ステージや岐阜美少女図鑑ショーなども繰り広げられる。柳ケ瀬の非公式キャラクター「やなな」も「ぜひ、楽しんで」と来場を呼び掛けている。
http://www.gifu-np.co.jp/hot/20120619/201206191118_6374.shtml
************************************************************
費用対効果の高そうな企画ですね。ゆるキャラの出張費用は商店街負担それともゆるキャラ負担なのでしょうか。


岐阜県ゆるキャラ
全国ゆるキャら情報
posted by orute at 10:56| 岐阜県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

滋賀県ゆるキャラニュース ひこにゃん2月3日

全国古式砲術鉄砲サミット:気分は戦国時代 ひこにゃんも参上−−来月、彦根 /滋賀

◇講演会や特産品販売−−来月20、21日
 全国各地の古式銃にまつわる郷土史や文化を伝承する「全国古式砲術鉄砲サミットin彦根」が3月20、21日の両日、彦根市の彦根城内で開かれる。全国から23団体が参加し、それぞれの古式砲術を披露する。【松井圀夫】
 開催中の「井伊直弼と開国150年祭」の主催事業。同市や彦根商工会議所青年部の古式銃研究会彦根鉄砲隊などが実行委を組織して開催する。参加するのは福島や山形、鹿児島など16都府県の鉄砲隊や火縄銃保存会など総勢320人。
 20日は彦根城博物館能舞台で「彦根藩の砲術」をテーマにした記念講演会や「砲術・流儀保存と今後の課題」をテーマにしたパネルディスカッション。21日は午前9時半〜午後4時まで彦根城内大手前公園で砲術が披露される(荒天時は中止)。見学無料。
 各団体が、歴史的に再興したり地域に伝わる鉄砲衆の由来に基づいて再現された砲術や流儀などを10分間の持ち時間で披露する。短筒から大筒まであり、4人から最大19人編成で演武。空砲だが、ごう音がとどろいて白煙が立ちこめるため戦国時代の雰囲気が楽しめるという。
 会場では、彦根の特産品の展示販売▽彦根のうまいもん飲食ブース▽“赤備え”甲冑(かっちゅう)の変身体験−−のほか、「ひこにゃん」などのゆるキャラも駆け付ける。杉本定幸・彦根鉄砲隊長は「特色ある各地の砲術や古式銃の歴史を肌で感じてもらいたい」と売り込んでいる。
 問い合わせは同サミット実行委(0749・22・4551)。
posted by orute at 07:54| 滋賀県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良県ゆるキャラニュー せんとくん1月31日

せんとくん:松山に登場 奈良の1300年祭PR /愛媛

平城京遷都1300年祭を今年迎える奈良市の観光キャンペーンが30日、松山市大街道2の大街道商店街で始まり、マスコットキャラクターの「せんとくん」が登場し、奈良の良さをアピールしていた。31日まで。
 奈良県内では、710年の平城京遷都から1300年目の今年4月から11月まで各地でイベントを開催。1300年祭への来場を呼びかける全国キャンペーンの一環で、商店街の中央に、奈良の街並みをパネルで紹介するなど新たな街の魅力を紹介していた。
 また、ステージに登場した「せんとくん」は鹿の角の生えた童子を造形したキャラクターで、当初は可愛くないという評判もあったが、ゆるキャラの代表格として今では人気キャラに成長。通りがかった親子連れとの写真撮影に応じていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100131-00000151-mailo-l38
************************************************************
せんとくんは今年は日本中を駆けずり回ることになりそうですね。


専門学校、大学の卒業式には、男性も紋付袴を着てみませんか。男袴ドットコムは日本トップクラスの品揃えで袴がなんと56種類も用意されています。
女袴も豊富な品揃えです。卒業袴なら女袴ドットコムをご利用ください。
posted by orute at 07:52| 奈良県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。