2012年06月30日

観光ポスター:“トモガシカ”に会おう ゆるキャラで要塞の島PR、和歌山市が作成 /和歌山

「トモガシカは本当にいるんですか」

 和歌山市沖の要塞(ようさい)の島・友ケ島をPRしようと、ゆるキャラ20+件「トモガシカ」を使った観光ポスターを和歌山市観光課が作成した。興味をかき立てるコピーにキュートなキャラ、青い海に囲まれた島の写真が目を引く。「訪れた人が巡る中で、トモガシカに出会いリフレッシュしていく様子を表現した」という。

 友ケ島は明治から太平洋戦争中まで外敵の大阪湾への侵入を阻む要塞だった。れんが造りの砲台跡などが残る無人島で、瀬戸内海国立公園に指定されている。日本で8番目に作られた灯台もある。加太港から船で約20分の距離にあり、ハイキングやキャンプなどを楽しむ観光客が多い。

 観光目的で放され、野生化したシカやリス、クジャクが生息している。シカは同課に残る資料によると、55年ごろ運び込んだタイワンジカ10頭が繁殖。現在は約50頭いる。「トモガシカ」はそのシカをモチーフにしており、胴体は砲台跡のれんが模様、頭のてっぺんに灯台を付けている。08年に市職員の松井則行さん(35)がデザインした。
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20120629ddlk30040327000c.html
************************************************************
ゆるキャラを人気にするには、ゆるキャラを主人公にしたアニメや漫画を作ってネットで公開したらよいと思うのですが、費用がかかりすぎるのかな。


和歌山県ゆるキャラ
全国ゆるキャら情報
posted by orute at 16:52| 和歌山県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。