2012年07月01日

山形新幹線が開業20年=記念列車やゆるキャラでお祝い

山形新幹線は1日、1992年の開業から20周年を迎えた。首都圏との高速路線の早期実現を目指し、在来線区間と新幹線区間を直通運転する「ミニ新幹線」方式を全国で初めて採用し、これまで延べ約6200万人が利用した。
 山形駅ホームでは同日午前7時すぎから、開業20周年を記念してサクランボや花笠まつりなどの絵柄をデザインした東京行き臨時列車「つばさ」20周年記念号の出発式が行われ、吉村美栄子山形県知事ら地元関係者がテープカット。山形の観光ゆるキャラ「はながたベニちゃん」や地元温泉旅館のおかみがくす玉を割った。(2012/07/01-11:39)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012070100041
************************************************************
イベントにもゆるキャラはにぎやかしとして最適ですね。芸能人を呼ぶよりゆるキャラのほうがコストが安くあがりそうです。問題は知名度の高いゆるキャラに育てるのが難しいというおとでしょうか。何しろ最近ゆるキャラは粗製乱造気味のような・・・。


山形県ゆるキャラ
全国ゆるキャら情報
posted by orute at 19:57| 山形県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

山形県ゆるキャラニュース かねたん1月13日

かねたん:米沢のマスコット、つばさを出迎え 観光PRに一役 /山形

「天地人」ブームで人気が出た米沢市のマスコットキャラクターぬいぐるみの「かねたん」が3月末まで、JR米沢駅ホームで山形新幹線「つばさ」を出迎え、見送りをする。米沢観光物産協会(小嶋彌左衛門会長)がブーム後の観光米沢PRに一役買ってもらおうと12日から始めた。
 米沢駅を午前11時台と午後4時台に発着する上下計5本の「つばさ」で毎日行う。「『かねたん』が出迎える駅と宣伝ができれば」と同協会。
 「かねたん」は直江兼続をイメージした「ゆるキャラ」として市が公募。昨年1年間、県内外でPRに大活躍。12日までに県内はもちろん関東、関西などから130通の年賀状が届く人気ぶりだ。
 初日のこの日、お友達キャラクター「おせんちゃん」「かげっちさま」も駆けつけ3匹が勢ぞろい。「つばさ」から降り立った観光客や出張客らはびっくりしながら、可愛い出迎えに思わずほほ笑んでいた。母親と横浜市に帰る小田切陽香(はるか)ちゃん(2)は恐る恐るかねたんの手を握り「かわいい」と喜んでいた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100113-00000117-mailo-l06
************************************************************
ゆるキャラは結構全国各地で活躍していますね。かねたんというのは初耳ですが。


専門学校、大学の卒業式には、男性も紋付袴を着てみませんか。男袴ドットコムは日本トップクラスの品揃えで袴がなんと56種類も用意されています。
女袴も豊富な品揃えです。卒業袴なら女袴ドットコムをご利用ください。
posted by orute at 06:24| Comment(0) | 山形県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。