2010年02月06日

滋賀県ゆるキャラニュース ひこにゃん2月3日

全国古式砲術鉄砲サミット:気分は戦国時代 ひこにゃんも参上−−来月、彦根 /滋賀

◇講演会や特産品販売−−来月20、21日
 全国各地の古式銃にまつわる郷土史や文化を伝承する「全国古式砲術鉄砲サミットin彦根」が3月20、21日の両日、彦根市の彦根城内で開かれる。全国から23団体が参加し、それぞれの古式砲術を披露する。【松井圀夫】
 開催中の「井伊直弼と開国150年祭」の主催事業。同市や彦根商工会議所青年部の古式銃研究会彦根鉄砲隊などが実行委を組織して開催する。参加するのは福島や山形、鹿児島など16都府県の鉄砲隊や火縄銃保存会など総勢320人。
 20日は彦根城博物館能舞台で「彦根藩の砲術」をテーマにした記念講演会や「砲術・流儀保存と今後の課題」をテーマにしたパネルディスカッション。21日は午前9時半〜午後4時まで彦根城内大手前公園で砲術が披露される(荒天時は中止)。見学無料。
 各団体が、歴史的に再興したり地域に伝わる鉄砲衆の由来に基づいて再現された砲術や流儀などを10分間の持ち時間で披露する。短筒から大筒まであり、4人から最大19人編成で演武。空砲だが、ごう音がとどろいて白煙が立ちこめるため戦国時代の雰囲気が楽しめるという。
 会場では、彦根の特産品の展示販売▽彦根のうまいもん飲食ブース▽“赤備え”甲冑(かっちゅう)の変身体験−−のほか、「ひこにゃん」などのゆるキャラも駆け付ける。杉本定幸・彦根鉄砲隊長は「特色ある各地の砲術や古式銃の歴史を肌で感じてもらいたい」と売り込んでいる。
 問い合わせは同サミット実行委(0749・22・4551)。
posted by orute at 07:54| 滋賀県ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。